西澤研究室



研究テーマ 研究項目 研究概要

生命現象を分子レベルで解明することは、21世紀の化学が担うべき魅力的な研究課題です。私たちは、高度な生命現象を司るキープレイヤーとしてのRNA、特に、これまでガラクタ同然と思われていた、タンパク質に翻訳されないRNA(ncRNA)を主要な研究対象として、RNAの新しい機能を明らかにしうる細胞内可視化プローブや検出プローブ、蛍光インジケーターの開発を進めています。また、RNAを内包し、細胞間コミュニケーションに重要な役割を果たしている細胞外小胞(エクソソーム)も主要な研究対象で、細胞外小胞の未知の機能を明らかにしうる検出プローブの開発も進めています。

このように、私たちの研究グループでは、RNAやRNA-タンパク質複合体、細胞外小胞の機能を解明するためのケミカルプローブを創製し、これらに基づく検出・疾患診断・機能解析法や創薬の支援ツールを提案・開発することで、生命科学の発展に貢献することを目指しています。




代表的論文




Copyright c Nishizawa group All Rights Reserved